FC2ブログ

【旧古河庭園】の紅葉散策

東京都北区にある都立庭園、旧古河庭園へ行ってきました。


東京都北区昭和町一丁目にあるこちら、尾久駅からのスタートです。
IMG_4628-1.jpg


約1週間前に尾久車両センターのイベントのために初めて訪れたのですが、こんなに早くまたここへ来ることになろうとは。
IMG_4629-1.jpg

IMG_4630-1.jpg


イベントの際は人で溢れていたこの通路。
IMG_4631-1.jpg

IMG_4632-1.jpg

IMG_4633-1.jpg


人がいないとよくわかる。結構広い通路だったんですね。
IMG_4634-1.jpg


この通路は歩行者と自転車が通行可能です。この日は自転車で通ったのですが、出口の急坂が地味に辛かったです(^_^;)
IMG_4635-1.jpg


東北・上越新幹線、京浜東北線の線路を越えるために、こちらの坂を上ります。(東京新幹線車両センター(北区上中里2丁目44 )付近)
IMG_4638-1.jpg


↑の坂を上りきって振り返ったところ。結構な急坂です。途中で撮り鉄をしている方がいらっしゃいました。
IMG_4639-1.jpg


坂を上りきったところにあるこの橋を渡ります。
IMG_4640-1.jpg

IMG_4641-1.jpg


目の前に学校が。瀧野川女子学園中学高等学校(北区上中里1丁目27−7)
IMG_4644-1.jpg


橋を渡って右折したところで、ゴールドの電車が!なにこれ!?後で調べたところ、東武鉄道の特急「日光詣スペーシア」号とのこと
IMG_4645-1.jpg

IMG_4646-1.jpg


なにやら駅が見えてきました。
IMG_4648-1.jpg

IMG_4649-1.jpg

上中里駅までいっちゃうと行きすぎのようなので少し戻り・・・グーグルマップで教えられたルートにより、この急坂を上ることに。(今回、自転車で来ているので地味に辛い。。。)
IMG_4652-1.jpg


坂を上り、数分走ったところで本郷通りに出ました。道を挟んだ向こう側が、いきなり旧古河庭園!
IMG_4653-1.jpg

IMG_4657-1.jpg


正門の前に駐輪スペースがあり、こんな感じで置けます。せめて正門の内側にあれば、景観を損ねないと思うのだけど・・・(心の声)
IMG_4874-1.jpg

IMG_4660-1.jpg

IMG_4661-1.jpg

IMG_4662-1.jpg


入園してすぐの場所に、早速洋館が!!
IMG_4664-1.jpg


洋館の前の芝にいたハクセキレイ。
IMG_4665-1.jpg


旧古河庭園は、武蔵野台地の斜面を巧みに利用した造りとなっており、台地上に洋館、斜面に洋風庭園、斜面下の低地部に日本庭園が配置されているのが特徴。
IMG_4667-1.jpg

IMG_4668-1.jpg


現在の洋館と洋風庭園は、イギリス出身の建築家、ジョサイア・コンドル(他に旧岩崎邸洋館、鹿鳴館、ニコライ堂など)により設計監理されました。
IMG_4675-1.jpg


洋館の左手奥の場所に、七五三の記念撮影用のスペースが設けられていました。
IMG_4862-1.jpg


<ロイヤル・プリンセス>
敬宮愛子内親王に捧げられたバラ。
IMG_4685-1.jpg

IMG_4687-1.jpg

IMG_4688-1.jpg


<洋風庭園>
ジョサイア・コンドル設計で、左右対称の幾何学模様の刈込のフランス整形式庭園と、石の欄干や石段・水盤など、立体的なイタリア露壇式庭園の技法を合わせたもの。
IMG_4690-1.jpg


<ミスターリンカーン>というバラと洋館のコラボ。
IMG_4696-1.jpg

IMG_4698-1.jpg


<緑光(りょっこう)>
珍しい緑白色のバラ。すごくキレイでした。
IMG_4701-1.jpg

IMG_4706-1.jpg


ツツジ園越しの洋館。
IMG_4712-1.jpg

IMG_4713-1.jpg

IMG_4715-1.jpg


<心字池(しんじいけ)> 「心」の字に似せて造った池。
IMG_4729-1.jpg

IMG_4733-1.jpg

IMG_4740-1.jpg


たまにこんな植物もあります。
IMG_4741-1.jpg

IMG_4747-1.jpg

IMG_4754-1.jpg


<大滝>
本郷台地と低地の斜面を利用した、小川治兵衛(おがわじへい)の最も力を入れた場所のひとつ。
IMG_4757-1.jpg


滝つぼまで8m(全長20m)落ちる景観は氏の作風の中でも珍しく、丘陵幽玄の境地を如何なく発揮している。(現地の立て看板の解説より)
IMG_4758-1.jpg

IMG_4764-1.jpg

IMG_4774-1.jpg

IMG_4777-1.jpg

IMG_4779-1.jpg


<十五層塔>
なんだかわからず、近づいて撮影してしまったのですが、水を使わないで山水の景観を表現する「枯山水」の道具立ての一つの<枯滝>だったようです。近づきすぎ。あと五歩ほど下がって全体を撮影したかった。。。
IMG_4781-1.jpg


心字池でもっとも存在感のあった<雪見型灯籠>。この灯籠は水辺によく据えられ、その姿が水面にうえて見える「浮見(うきみ)」と点灯時にその灯(ともしび)が浮いて見える「浮灯(うきひ)」が「雪見」に変化したとする見方がある。(現地の立て看板の解説より)
IMG_4785-1.jpg

IMG_4790-1.jpg

IMG_4798-1.jpg


草木が生い茂った道を進んだところに茶室。
IMG_4804-1.jpg


さらに進んだところに書庫。
IMG_4807-1.jpg


お天気が良かったせいか、窓が開けられていたのでズームで撮影。ステンドグラス!?中はキレイな造りなのかもしれません。
IMG_4810-1.jpg


大滝の上の方にある大きめな石の上で日向ぼっこしていたネコ。大滝の前から見上げても木の葉や草でで見えなかったので、私しか気付いていなかったのかも。
IMG_4812-1.jpg

IMG_4820-1.jpg

IMG_4822-1.jpg


<展望台>スタンプ台が置いてあります。
IMG_4673-1.jpg


こちらにもネコ!先ほどの日向ぼっこのネコとは別のネコみたいですね。
IMG_4824-1.jpg


展望台からの景色。
IMG_4827-1.jpg


売店でキャラメルポップコーンを購入してみました。
IMG_4829-1.jpg


こちらが売店。バラ押しの小物とお菓子がメイン。軽食としてはパンが少しだけ。
IMG_4834-1.jpg

IMG_4832-1.jpg


洋館の北側へ回ってみました。
IMG_4837-1.jpg


テーブルと椅子がたくさんあるので、休憩には困りません。
IMG_4838-1.jpg


なにやら建物が。パンフレットでも紹介されていないのですが、これも古そう。
IMG_4839-1.jpg


意外と趣があります。
IMG_4843-1.jpg


そろそろ帰ります。
IMG_4871-1.jpg


帰り道、行きと違う道を通ってしまい、思いがけずこんな位置から新幹線を撮影できました。
IMG_4876-1.jpg

IMG_4877-1.jpg


尾久駅の地下通路の入り口まできました。イベントの時は、ここから線路内に立ち入り出来ました。
IMG_4880-1.jpg


奥の方にスペーシアが停まっていました。(おそらく監視カメラで怪しまれながら撮影)
IMG_4879-1.jpg


これ・・・知らない人が見たら、なんだかわかりませんね(^_^;)
IMG_4881-1.jpg

IMG_4882-1.jpg

IMG_4885-1.jpg


時期的に、紅葉にはまだちょっと早かったみたいです。この日は普段より空いていたみたいでラッキーでした。(見知らぬおば様が、「今日は空いてるわね~」と言っていました)

灯籠もたくさんあって、写真も何枚か撮ったのですが、今回写真の量が多かったので割愛させていただきました。


また季節が変わった頃に訪れたいと思います^^


応援ありがとうございますp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 主婦カメラマンへにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



旧古河庭園 和と洋が調和する大正の庭 (都立9庭園ガイドブック) 旧古河庭園 (東京公園文庫【29】)赤羽本 (エイムック)元勲・財閥の邸宅―伊藤博文、山縣有朋、西園寺公望、三井、岩崎、住友…の邸宅・別邸20 (JTBキャンブックス 文学歴史 26)死ぬまでに見たい 洋館の最高傑作死ぬまでに見たい洋館の最高傑作II





関連記事

0 Comments

Post a comment