FC2ブログ

【荒川区】素盞雄神社<平成三十年戌年>

2018年1月3日に素盞雄神社(東京都荒川区南千住6-60-1)で頂いた御朱印です。

IMG_20180117_0003-1.jpg

社 号:素戔雄神社
御祭神:素盞雄大神、飛鳥大神
開 祖:黒珍
創 建:平安時代延暦14年(795)4月8日、修験道の開祖・役小角の高弟である黒珍という人物が牛頭天王・飛鳥権現が降臨したという奇岩を祀り、当社を創建したと伝えられる
社 格:旧郷社
末 社:熊野神社、日枝神社、若宮八幡宮、浅間社、福徳稲荷神社、菅原神社、稲荷神社
ご利益
例大祭: 6月3日

荒川区南千住・三河島(現:荒川)・町屋・台東区三之輪の区内で最も広い氏子区域61ケ町の鎮守

素盞雄神社で執り行っている主な祭儀とその日程(HPより抜粋)
・歳旦祭 1月元旦 (正月元旦の午前零時より新年を祝う歳旦祭を執り行なう)
・節分祭 2月節分 (午後三時、三時半、四時、四時半の四回、年男(女)の方々による豆まき)
・疫神祭 4月8日 (桃の御守を授与)
・天王祭 6月3日 (六月二日の宵宮祭、三日の例大祭、神輿振り)
・夏越しの祓 6月30日 (千住大橋上流に御座舟(神事を行う船)を浮かべ斎行、大祓式《茅の輪くぐり》の神事)
・日枝神社例祭 8月5日
・飛鳥祭 9月15日
・熊野神社例祭 10月15日
・年越しの祓い 12月31日 (大祓式を斎行、浄火により焚き清め)

・月次祭(つきなみさい)毎月1日・3日・15日



写真を撮り忘れましたが、本殿の右奥へ進むと、「参集殿」という
建物があり、そちらで御朱印を頂くことができました。
どこかの会社のような雰囲気で、「御朱印はここでいいのかな?」と
迷いましたが、中へ入り、玄関の近くにいたお姉さんに声を掛けたところ、
快く受け付けてもらえました。

「書置きのものになりますがよろしいでしょうか?」ということと、
「芭蕉のスタンプはどうなさいますか?」ということを確認をされました。
せっかくなので両方頂くことに。
初穂料は「お気持ちで」とのこと。相場の300円を支払いました。

御朱印の用紙は半紙ではなく、まるで画用紙?
少し厚めの用紙でしたので、移動中も折れる心配は不要でした。

・1月は、干支名入りの限定御朱印
・6月の天王祭では、限定御朱印あり(印判が追加)
・庚申塔群3基(荒川区登録文化財)
・鉄製天水桶(荒川区登録文化財)


この御朱印を頂いた日の記事はこちらになります。


応援ありがとうございますp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 主婦カメラマンへにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



御朱印をはじめよう神様と縁結び 東京&関東 開運神社の御朱印ブック (ブルーガイド)御朱印でめぐる関西の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)御朱印でめぐる関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)御朱印でめぐる 全国の神社---開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)日本全国この御朱印が凄い! 第弐集 都道府県網羅版 (地球の歩き方御朱印シリーズ)
関連記事

0 Comments

Post a comment