FC2ブログ

【第36回上野東照宮・冬ぼたん苑】へ

1月16日、上野東照宮のぼたん苑へ行ってみました。

上野東照宮ぼたん苑は、1980年(昭和55年)に日中友好を記念して開苑。回遊形式の日本庭園に牡丹が植栽されています。現在開苑されているのは「第36回 上野東照宮・冬ぼたん」で、期間は2018年1月1日(月)~2月25日(日)になります。冬は40品種200株が栽培されています。入苑料は、大人(中学生以上)700円、団体600円(20名以上)、小学生以下無料です。上野東照宮を拝観する予定がある方は、「上野東照宮拝観・上野東照宮ぼたん苑入苑共通券」をお求めになると、1100円で通常より100円お得ですよ^^

私は、<不忍口鳥居>からぼたん苑へ向かいました。この鳥居は、1873年(明治6年)江戸城内紅葉山東照宮より移築されたもので、石材は御影石とのこと。
IMG_6958-1.jpg


<不忍口鳥居>の階段を上りきったところ。いきなり石灯籠がお出迎え。境内案内図を見たところ、おそらくこの道は<池之端参道>だと思われるのですが、直進した先が藁の壁で塞がれているため、右の細い道へ進みます。
IMG_6962-1.jpg


ぼたん苑の脇の道のようです。
IMG_6963-1.jpg


<水舎門>の手前へ出ました。
IMG_6965-1.jpg


<水舎門>を通り抜ける際に激写。
IMG_6967-1.jpg


ぼたん苑の入り口。
IMG_7162-1.jpg

IMG_7161-1.jpg


入り口前にあるミニ花壇。
IMG_6968-1.jpg

IMG_6969-1.jpg


ここからが苑内です。パンダが一緒にお出迎え。
IMG_6971-1.jpg

IMG_6976-1.jpg

IMG_6979-1.jpg

IMG_6981-1.jpg

IMG_6986-1.jpg


ソシンロウバイ
IMG_6988-1.jpg


上手く撮れません。。。
IMG_6989-1.jpg


黄色のボタンは他のボタンより香りが強いらしく、「香りをお楽しみください」との札が立てられていました。良い香りがしました^^
IMG_6995-1.jpg


霜よけの藁囲いが、雪んこみたいで可愛い。
IMG_7002-1.jpg

IMG_7015-1.jpg

IMG_7021-1.jpg

IMG_7022-1.jpg


上野動物園内に建っている<旧寛永寺五重塔>も一緒に。
IMG_7025-1.jpg

IMG_7029-1.jpg


よく見ると、パンダがいました。
IMG_7030-1.jpg


俳句所。
IMG_7035-1.jpg



IMG_7037-1.jpg


俳句所の奥の場所で発見。
IMG_7040-1.jpg


「木花之佐久夜姫」の文字が読み取れます。木花之佐久夜姫(コノハナノサクヤヒメ)は、日本神話に登場する女神で、天照大神(アマテラス)の孫であるニニギノミコト(瓊瓊杵尊、邇邇芸命)の妻。ホデリ(海幸彦)・ホスセリ・ホオリ(山幸彦)を生んだとのことです。なぜここに祀られているのかは不明。
IMG_7039-1.jpg


俳句所と五重塔。
IMG_7046-1.jpg


お手洗いの横にありました。
IMG_7047-1.jpg


IMG_7056-1.jpg

IMG_7063-1.jpg

IMG_7069-1.jpg

IMG_7073-1.jpg

IMG_7074-1.jpg


お休み処。
IMG_7077-1.jpg


お休み処のすぐ横にある庭。
IMG_7080-1.jpg

IMG_7084-1.jpg

IMG_7088-1.jpg


出口になります。再入場は出来ませんよ!
IMG_7093-1.jpg


一眼レフカメラを持参して撮影している年配の方が結構いらっしゃいました。外国人観光客の姿もちらほら。初めてのぼたん苑でしたが、冬だったからでしょうか、思っていたよりあまり咲いていない印象を受けました。やはり春の方がメインなのかな?今度は4月ごろに来てみようかと思います。


この後、上野東照宮を拝観しました。次の記事へ続きます。


応援ありがとうございますp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 主婦カメラマンへにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

関連記事

0 Comments

Post a comment