FC2ブログ

お散歩写真部、

コンデジ片手にお散歩しながら撮影した写真です。主に荒川区で活動中。マイブームは鳥撮りと御朱印集め。

Top Page › ★本の紹介 › われたたまご【本の紹介】
2019-02-18 (Mon) 14:49

われたたまご【本の紹介】

今回も鳥が主役の絵本をご紹介。フィリピン民話で、主役は、「みふうずら」です。


われたたまご―フィリピン民話 (こどものとも世界昔ばなしの旅)

みふうずらの夫婦が留守中に大事な卵を全部割られてしまいます。近くには馬の足跡。そこで、みふうずら夫婦の犯人探しが始まります。すぐに容疑者は見つかるのですが、それぞれにごもっともな理由があって、どうしても責められません。

みふうずら夫婦は、次々に事情聴取をしていきます。その時のセリフにお決まりのフレーズがあって、リズミカルに話が進んでいくのと、話を聞くたびにセリフがどんどん増えていき、全て繋がっていくところがこのお話の楽しいところ^^最後の最後で「誰のせいでもなかった」という結論に至った時、みふうずら夫婦はやっと、われたたまごの元へ帰っていくのです。

みふうずら夫婦は、一体何で納得したの?随所にいろんなツッコミどころはありますが、そこがまた笑えたりして、それがまた良いのです。 難しいことは抜きに純粋に言葉の繋がりを楽しめる内容になっています。




ちなみに・・・ミフウズラってどんな鳥??

チドリ目ミフウズラ科に分類される鳥類の一種。旧名、フナシウズラ。全長約14cm。小型でウズラ(キジ目ウズラ科)とよく似た体形の鳥。全身褐色、メスは上面が褐色で黒い横縞と黒い縦縞、淡黄色の縦縞がある。のどから胸にかけて黒い。オスはメスより小さく、地味な色彩。のどは白い。中国南部から台湾、東南アジア、インドに分布。 日本では南西諸島に留鳥として分布している。

草原や田畑に生息。比較的乾燥した土地を好むと言われている。餌は草の種子やクモなど。一妻多夫で、4~8月ごろに地上に枯れ葉などで巣をつくり、オスが抱卵や育雛を行う。メスは繁殖期に「ブーゥ、ブーゥ」と鳴く。(参考:WikipediaBIRD FAN

応援ありがとうございますp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
関連記事

最終更新日 : 2019-02-18

Comment







管理者にだけ表示を許可