FC2ブログ

お散歩写真部、

コンデジ片手にお散歩しながら撮影した写真です。主に荒川区で活動中。マイブームは鳥撮りと御朱印集め。

Top Page › ★本の紹介 › 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本【本の紹介】
2019-04-12 (Fri) 09:13

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本【本の紹介】

先日、こんな本を読みました。

元祖「カラー撮り鉄」、J・ウォーリー・ヒギンズ氏が撮影した、昭和30年代の日本!


モノクロでしか見ることのできない昭和30年代の日本が、カラー写真で蘇る!記録していた人物は、アメリカ出身、J・ウォーリー・ヒギンズ氏。駐留米軍軍属として来日後、国鉄の顧問に。日本全国をくまなく訪問し、趣味の鉄道写真を中心に日本の風景を多数撮影。6000枚の中から選りすぐりの382枚を当時の思い出話とともに公開しています。

なんといっても、当時の様子がカラーで見られるというのがすごい。個人の所有ですが、日本にとって貴重な資料であることは間違いないです。当時の鉄道の写真も良いですが、その背景の街並みや当時の人たちの生活ぶりが垣間見れるのが嬉しい。荒川区では、日暮里駅で撮影された鉄道写真が3枚掲載されています。都内のあちこちで走行している都電の姿も見られます。

写真1枚1枚に対して、まるで今その場にいるかのようなコメントが載っているのですが、巻末の解説を読んで納得。ウォーリーさんはとても几帳面な方で、撮った写真のポジには日付と撮影場所を記録。紙焼きの方に撮影場所や日時のメモが残っていなくても、写真を見ただけで口頭で大まかな場所と日時が返ってきたらしい。驚異的な記憶力!!また、写真に記載してある記録とは別に詳細な旅の記録も付けているとのこと。もしかしたら、彼はこれが貴重な資料として後世に残される可能性があることを予感していたのかもしれませんね。

ちなみに表紙の写真は、1957年3月に撮影された上野広小路(台東区)です。鉄道ファンではなくても、一見の価値ありの一冊です。

カメラ片手にお散歩しようp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ


関連記事

最終更新日 : 2019-04-12

Comment







管理者にだけ表示を許可