FC2ブログ

お散歩写真部、

コンデジ片手にお散歩してます。主に荒川区で活動中。被写体は問わず。マイブームは鳥撮りと御朱印集め。写真を通して一緒にお散歩している気分になって頂けたら嬉しいです^^

Top Page › ★東京都のお散歩 › 足立区 › トノサマバッタ、コアオハナムグリ、ツユクサの群生、キクイモの花【新田わくわく水辺広場】
2019-09-03 (Tue) 22:00

トノサマバッタ、コアオハナムグリ、ツユクサの群生、キクイモの花【新田わくわく水辺広場】

2019年9月3日、思い立って「新田わくわく水辺広場」へ行ってみました。

江北橋を渡り、宮城ゆうゆう公園を横目にスルー。
IMG_0638-.jpg


どんどん進みます。風が気持ち良い!!
IMG_0639-.jpg


途中でこんなのを発見。
IMG_0643-.jpg


ここにはかって豊島村から沼田村(足立区)への渡船場がありました。この渡船場は、豊島の渡・六阿弥陀の渡・中の渡・原の渡とも呼ばれていました。旧荒川(現隅田川)の流路は、現在の荒川まで大きく湾曲していて、この地形を天狗の鼻と呼んでいました。渡船場は湾曲の頂点より少し下流に位置していました。

豊島清光の造仏伝承にまつわる六阿弥陀詣が、江戸時代中期以降に盛んに行われるようになりました。この渡船場は、六阿弥陀詣の一番西福寺(北区豊島2-14-1)から二番延命寺(江北橋北詰辺にありましたが、明治9年恵明寺(えみょうじ)に合併されました)への参詣路にあたっていたため、六阿弥陀詣の行われる春秋の彼岸の時には、参詣客でとくに賑わいをみせました。文化11年(1814)頃に当地を訪れた十方庵敬順(じゅっぽうあんけいじゅん)は、この渡船場付近の川端の様子を、「荒川の長流にそひて、左右の渚の景望はいふもさらに、弓手は渺茫たる耕地を見わたし、心眼ともに打はれて、実に賞すべきの景地たり」と記し、こうした土地に住んで、花鳥風月になぐさめられて暮らしたならば、寿命も延びるであろうと賞賛しています。

明治44年(1911)から荒川の河川改修工事が始まり、次いで、この付帯事業として大正12年(1923)4月荒川放水路(現荒川)に江北橋が、同14年荒川(現隅田川)に豊島橋が架橋され、この渡船場も姿を消していきました。(北区ホームページより
IMG_0640-.jpg


さらに進みます。
IMG_0644-1.jpg

IMG_0648-1_20190911134917f6d.jpg


新田わくわく水辺広場が見えてきました!
IMG_0645-1_20190911134916c5e.jpg


無事に到着。自転車でここまで来たのは初めて。駐輪場は無さそうなので、木陰に置かせてもらいました。
IMG_0650-1_2019091113491967e.jpg


草刈りを行ったばかりのようです。
IMG_0651-1_201909111349202fb.jpg

IMG_0652-1_20190911134922d0d.jpg


ムギワラトンボがお出迎え。
IMG_0656-1.jpg


草ボーボー加減が、とってもよろしい。
IMG_0657-1_20190911134925655.jpg


トノサマバッタが飛んで出ました。久しぶりに見ました。
IMG_0662-1_201909111351318b8.jpg

IMG_0668-1_2019091113513300d.jpg


ツユクサが群生している場所が数か所ありました。
IMG_0670-1_2019091113513400e.jpg

IMG_0675-1.jpg


ここで休憩させてもらいました。
IMG_0677-1_2019091113513892c.jpg


また歩き出した途端、カタツムリ発見。
IMG_0679-1.jpg


ジャングル感満載の奥には、マンションがドカーンとそびえ立つ。
IMG_0680-1_201909111351400ae.jpg


この黄色いお花も、あちこちで咲いていました。キクイモでしょうか?
IMG_0681-1_20190911135141bdc.jpg


よく見かけるシロテンハナムグリよりは一回りほど小さく、しかも点の部分がゴールドなんですけど!調べたところ、コアオハナムグリのようです。
IMG_0692-1.jpg


まだまだジャングルを進みます!
IMG_0694-1.jpg


続きは次回の記事にて!

カメラ片手にお散歩しようp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

関連記事

最終更新日 : 2019-09-16

Comment







管理者にだけ表示を許可