FC2ブログ

お散歩写真部、

コンデジ片手にお散歩してます。主に荒川区で活動中。被写体は問わず。マイブームは鳥撮りと御朱印集め。写真を通して一緒にお散歩している気分になって頂けたら嬉しいです^^

Top Page › ★東京都のお散歩 › 台東区 › 紅葉坂、谷中霊園、長安寺、観音寺の築地塀、加納院【谷中散策その1】
2019-09-26 (Thu) 22:00

紅葉坂、谷中霊園、長安寺、観音寺の築地塀、加納院【谷中散策その1】

2019年9月26日、所用で日暮里へ行ったついでに、谷中をぶらっと散策してみることに。
日暮里駅南口側から谷中霊園方面へ。紅葉坂(もみじざか)(台東区谷中7-14)を上ります。
IMG_1688-1_20191009153344b36.jpg


「坂道周辺の紅葉が美しかったので「紅葉坂」と命名されたのだろう。別名「幸庵坂」ともいった。その命名由来は不詳。江戸後期の国学者、山崎美成(よししげ)は「金杉日記」に、「天王寺うら幸庵坂下、又三しま社のほとり秋色尤もふかし、林間に酒を煖む」と記している。この記事によると、幸庵坂 の名は江戸時代すでにあったことが知られる。」
IMG_1690-1.jpg


天王寺を通り過ぎ、谷中霊園のさくら通りを進みます。ここの桜は、お花見の時期は圧巻ですよ^^(お花見の時はこんな感じ
IMG_1692-1.jpg


左手に下谷警察署 天王寺駐在所が見えたところで右折し、ぎんなん通りを進んでいきます。
IMG_1699-1.jpg

IMG_1698-1.png


写真は撮りませんでしたが、樹木葬のエリアがあったりしました。まっすぐ進みます。
IMG_1700-1.jpg


突き当たったところに、「長安寺」というお寺が(台東区谷中5丁目2-22)。谷中七福神の一つ、寿老人が祀られているようです。
IMG_1701-1.jpg

IMG_1702-1_20191009153355447.jpg

IMG_1704-1_20191009153356420.jpg

IMG_1705-1_20191009153358254.jpg


寄りたいところですが、次の機会に。
IMG_1706-1_20191009153359df0.jpg


この路地に入りました。(皆さん、この路地へ入って行かれるので付いて行っただけ(;^ω^))
IMG_1708-1_20191009153401bbb.jpg


おぉ!
IMG_1709-1_20191009153402120.jpg


見たいと思っていた、観音寺築地塀(ついじべい)(台東区谷中5丁目8−2)を発見!観音寺南側の長さ約40メートル弱、高さ約2メートルの土塀です。
IMG_1712-1_20191009153404192.jpg

IMG_1713-1.jpg


幕末の頃に築かれ、当寺は観音寺の境内の東面と南面を囲っていましたが、南面のみ現存。江戸時代のお屋敷や寺院では多く採用されていた伝統的な建築様式(土と瓦を交互に積み重ねて作った土塀に屋根瓦をふいたもの)で築造されています。関東大震災により一部倒壊したものの補修を重ね、江戸時代往時の姿を今日に残しています。
IMG_1714-1_20191009153407f1f.jpg


路地を挟んでお隣の塀も、頑張ってますね。長安寺の塀かな?
IMG_1716-1_20191009153408de4.jpg


江戸にタイムスリップしたような景観です。
IMG_1717-1_20191009153410ae1.jpg


築地塀は、ここまで。結構長いですね。
IMG_1720-1.jpg


築地塀が途切れてからの流れで突然現れた朱色の門。こちらは、「加納院」のようです。江戸御府内八十八ヵ所霊場第六十四番札所とのこと。次の機会に。
IMG_1719-1_20191009153411837.jpg


観音寺の築地塀は、たかが塀だと思われるかもしれませんが、とても趣があって、迫力が感じられました。当時はこのような塀があちこちで見られたんでしょうね。どうか台風や震災の被害にあわずに未来永劫、現存し続けてほしいものです。

お散歩はまだまだ続きます。続きは次の記事にて!


カメラ片手にお散歩しようp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



    


関連記事

最終更新日 : 2019-10-29

Comment







管理者にだけ表示を許可