FC2ブログ

お散歩写真部、

コンデジ片手にお散歩してます。主に荒川区で活動中。被写体は問わず。マイブームは鳥撮りと御朱印集め。写真を通して一緒にお散歩している気分になって頂けたら嬉しいです^^

Top Page › ★東京都のお散歩 › 千代田区 › 野鳥を撮る!見どころも随所に!【大嘗宮一般参観その3】
2019-12-03 (Tue) 22:00

野鳥を撮る!見どころも随所に!【大嘗宮一般参観その3】

2019年12月3日、前回の記事からの続きです。

大嘗宮の廻立殿の真裏の道沿いの唯一の紅葉を楽しむ。正直、紅葉は少ないです。
IMG_6188-1_20191217092531933.jpg


これは、「本丸休憩所」のようです。
IMG_6206-1.jpg


そして、次に目に留まったのはこちら。
桃華楽堂(とうかがくどう)」・・・昭和41年(1966年)に香淳皇后のご還暦を記念して建てられた音楽堂。建物の屋根は「テッセン」の花を模し、八角の外壁は華やかな陶片とタイルで彩られています。陶片には、有田焼、信楽焼などが用いられており、玄関正面の屋根の上には鬼瓦の代わりとして金色の雛人形が飾られています。(宮内庁HPより
IMG_6177-1_20191217092344f88.jpg

IMG_6187-1_201912170925296cc.jpg


初めて見る作りの建物でした。
IMG_6215-1.jpg


そしてこちらは、「天守台」。
天守閣跡(てんしゅかくあと)」・・・江戸城の天守閣は、慶長12年(1607年)に完成。当初、石垣の高さは約14メートルあり、その上には金色の鯱をいただいた我が国最大の5層の天守閣がそびえていましたが、明暦3年(1657年)の大火で焼失後、再建されることもなく、基礎石である石垣だけが残っています。現在の石垣の高さは、皇居東御苑公開に伴う整地等により約10メートルとなっています。(宮内庁HPより
IMG_6176-1_20191217092343064.jpg


普段は見学できるようですが、この日は規制されていました。この辺りをうろついていましたら、ご年配の夫婦に「写真撮ってもらえますか?」と言われて1枚撮って差し上げました。←よく頼まれます。
IMG_6214-1.jpg


郵便受けみたいなこれ、なんでしょうね?
IMG_6212-1.jpg


IMG_6172-1_20191217092341a8e.jpg


「後で壊される予定だから、ほら!『仮設』の工事になってるよ!!」と力説している方がいました。
IMG_6216-1.jpg


帰るためには、右か左かの二択を迫られます。北の丸公園も行きたかったのですが、歩きすぎて少々腰痛が出てきたので諦め、右折。
IMG_6217-1_201912170925415c3.jpg


なんとなく人の流れについていきます。
IMG_6218-1.jpg


下り坂が続きます。
IMG_6220-1_20191217092544837.jpg


たまに石垣の上にこんな紅葉が見られたり。
IMG_6221-1_20191217092546093.jpg


下ってきた緩やかな坂は、「梅林坂」だったようです。
梅林坂(ばいりんざか)」・・・本丸と二の丸をつなぐ坂で,梅林があったことから名付けられた。。現在の梅林は,昭和42年(1967年)に植えられたもので,紅梅・白梅併せて約50本あります。(宮内庁HPより
IMG_6226-1.jpg


見頃の時期は映えるでしょうね!
IMG_6227-1.jpg

IMG_6228-1.jpg


大手門の方へ向かって歩いています。左手には、「二の丸雑木林」など。
IMG_6232-1.jpg


少しだけ入ってみたのですが、このまま進むと帰宅がどんどん遅くなることを懸念し、すぐに林から脱出しました。次の機会に。
IMG_6236-1_20191217092740533.jpg


この先へ進めば、二の丸庭園へ行けるようですが、腰が痛いので次の機会に。
IMG_6234-1.jpg


林から脱出して右側を見ましたら、石垣・坂・草木の緑とのバランスが絶妙過ぎて、暫し佇んでしまいました。
IMG_6240-1.jpg


汐見坂(しおみざか)」・・・昔はこの坂から海が見えたのが名称の由来。坂を下りると,三代将軍徳川家光の命により小堀遠州が造ったとされる庭園を復元した二の丸庭園があります。(宮内庁HPより
IMG_6249-1_201912170927481bf.jpg

IMG_6250-1_20191217092749864.jpg


この石垣、形もそうですが色あいも考え抜かれて積まれているような気がします。なんだか知りませんが、とても惹かれました。
IMG_6253-1_201912170927517d3.jpg

IMG_6247-1_20191217092746e2e.jpg


この坂の下にある芝のところで、日向ぼっこをしているスズメとシジュウカラを発見。そうだ、鳥の写真がまともに撮れてないなぁ、とここで思い出しました。
IMG_6241-1.jpg

IMG_6242-1_20191217092745c07.jpg


「白鳥濠」の前を通りかかりました。
「白鳥濠」・・・江戸城の二の丸と本丸の間を東西に隔てている濠。南北に長く伸びて本丸を守るかたちになっています。濠に湛える水は湧き水と雨水のみ。家康時代に積まれたという石垣も必見。明暦の大火の際に、火災の混乱のさなか、本丸御殿や大奥から金銀財宝を白鳥濠に放り込んだという伝説が残されています。(参考HP


白鳥濠の石垣のところに、ツグミさんを発見!ズームに限界があるため、唯一ピントの合った一枚がこれ。
IMG_6260-1_2019121709275370d.jpg


そして、水面にはマガモさんが数羽。
IMG_6264-1.jpg


飛び回っている鳥を発見。キセキレイですね!ズームでの撮影はなかなかピントが合わず、苦戦。
IMG_6269-1.jpg

IMG_6276-1_20191217092757434.jpg

IMG_6278-1.jpg



乱積み(横方向の石の列が揃っていない積み方)、打ち込みハギ(打ち込み接=石の隙間を少なくし、空いた隙間に間石を入れて強度を高める積み方)という古い技法で築かれた石垣で、コーナー部分は傾斜もゆるく、かつ算木積み(長方形の石の長辺と短辺を交互に重ね合わせる積み方)になっています。(参考HP
IMG_6281-1.jpg


石垣を眺めていたら、白鳥濠の手前にある芝生のところに生えた低木に、ジョビ子がやってきました!!\(^o^)/背景が石垣なんて、願ったり叶ったりです。
IMG_6296-1_2019121709300416f.jpg

IMG_6300-1_20191217093005dff.jpg

IMG_6306-1_20191217093007cae.jpg

IMG_6310-1_20191217093009264.jpg

IMG_6312-1_20191217093010d27.jpg


ジョビ子が飛んだので追いかけます。途中、左側も慌てて見ながら移動。なんか風変わりな街灯がありましたが、ちゃんと見えず。次の機会に。(これは振り返って撮影。皆さん、大手門へ向かって歩いています。)
IMG_6337-1_20191217093016875.jpg


さーっと、日陰の方へ移動したようです。しきりに餌を探しているようでした。
IMG_6318-1_20191217093012c88.jpg

IMG_6321-1_20191217093013375.jpg

IMG_6332-1_20191217093015de2.jpg


こんなに長時間、ジョビ子を見つめていられたのは初めてかも。まだまだ餌探しに夢中でしたが、この辺でお別れすることに。
IMG_6338-1.jpg


少し広いエリアへ出てきました。「本丸中之門石垣」のようです。
IMG_6346-1.jpg

IMG_6348-1.jpg

IMG_6349-1.jpg


そして、石垣の反対側にはこちら。「百人番所」が。

百人番所(ひゃくにんばんしょ)」・・・江戸城の正門だった大手門から,本丸に入るときの最大の検問所。甲賀組,根来(ねごろ)組,伊賀組,二十五騎組の4組が護りを固めていました。各組には,同心百人ずつが配属されていたところから百人番所の名が生まれました。(宮内庁HPより
IMG_6351-1_2019121709302355e.jpg

IMG_6353-1_20191217093025dcf.jpg


写真に丸く映って見えている影は、カメラのレンズ内に入り込んだゴミだと思われます。なんで入るんでしょうね。ムカつきます。
IMG_6356-1_20191217093029a4c.jpg

IMG_6355-1_20191217093028e78.jpg


そしてこちらは逆光ですが。百人番所の向こう側の通路には、乾通りを通らずにこれから直接、大嘗宮を見に行こうとしている人達の行列が。この写真を撮ったのが12時半過ぎ頃なのですが、後から調べましたら、この日、午後からの方が一般参観の行列が多く、大嘗宮が見られるまで2時間待ちだったりしたようです。
IMG_6354-1.jpg


百人番所と向き合った状態から左手の方(大手門)へ向かいます。
IMG_6357-1_201912170930319ed.jpg


また何かありましたよ。
「同心番所(どうしんばんしょ)」・・・江戸城の正門であった大手門から入城した大名が最初に通る番所で、与力、同心が詰めて警護にあたっていたところ。(宮内庁HPより)
IMG_6359-1.jpg

IMG_6360-1_20191217093301ab0.jpg

IMG_6361-1.jpg

IMG_6362-1.jpg

IMG_6365-1.jpg

IMG_6366-1_2019121709330742a.jpg

IMG_6367-1.jpg


「同心番所」を通り過ぎた後、売店があり、絵葉書やらカレンダーやら色々販売していましたが、狭い空間がとにかく人でごった返していて、商品も見えないし買う気も失せたので、出入り口に置いてあった皇居のパンフレットだけ頂いてすぐに出ました(;^ω^)

売店から出てすぐの木の上で、なんとジョビ男を発見!!\(^o^)/ジョウビタキのオス、メスに同日に会ったのは初めてです。
IMG_6373-1.jpg

IMG_6374-1.jpg

IMG_6376-1.jpg


「三の丸尚蔵館(さんのまるしょうぞうかん)」がありました。無料で見られるようですが、腰痛が出ていたので次の機会に。
IMG_6377-1_201912170933152df.jpg

IMG_6379-1.jpg


これが大手門かな?
IMG_6380-1_20191217093318d2f.jpg

IMG_6382-1.jpg


大手門、出ます!
IMG_6383-1.jpg

IMG_6384-1_20191217093322e0b.jpg


大手門を出た後、振り返って撮影。
IMG_6385-1_20191217093324056.jpg

IMG_6387-1_20191217093325088.jpg


消失前の大手門の屋根に飾られていた「鯱(しゃち)」らしいです。
IMG_6389-1.jpg

IMG_6390-1.jpg


ここを渡ると、大手門橋。
IMG_6391-1.jpg


大手門橋の上から撮影。左側の「大手濠」の様子。
IMG_6394-1.jpg


オオバン
IMG_6395-1.jpg


キンクロハジロ、ホシハジロ
IMG_6396-1.jpg

IMG_6399-1.jpg


大手門橋を渡り終えたのですが、横断歩道前で大渋滞が起きていたので並ばず、左折してみましたΣ(・□・;)大手濠からみた、大手門橋の様子です。
IMG_6401-1_20191217093448ce6.jpg

IMG_6412-1.jpg



実は、私が大手門橋を渡った後、大手濠側へ左折したのには、混雑以外にもう一つ理由がありまして。
IMG_6413-1.jpg


今季初!ヨシガモ!遠目で発見していました( ̄ー ̄)ニヤリ
IMG_6416-1.jpg

IMG_6419-1.jpg

IMG_6420-1.jpg


ヨシガモのメス、ヨシ子さんもいました( ´艸`)
IMG_6406-1_2019121709344909e.jpg

IMG_6407-1_201912170934514bc.jpg

初めての皇居東御苑の訪問でしたが、一生に一度見られるかどうかの大嘗宮も見られましたし、普段見られない景色がたくさん見られて、大興奮の一日となりました。後半は、なんとか鳥撮りも出来ましたしね。自然も豊かなので、もっと時間をかけて散策すればいろんな発見が出来そうなエリアだと感じました。今度はふらっとお散歩に来たいですね^^


カメラ片手にお散歩しようp(*^-^*)q

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へにほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



  



関連記事

最終更新日 : 2019-12-29

Comment







管理者にだけ表示を許可