FC2ブログ

お散歩写真部、

コンデジ片手にお散歩してます。主に荒川区で活動中。被写体は問わず。マイブームは鳥撮りと御朱印集め。写真を通して一緒にお散歩している気分になって頂けたら嬉しいです^^

Top Page › ★東京都のお散歩 › 台東区 › 何香凝芸術名作展(上野の森美術館にて)
2017-09-12 (Tue) 22:00

何香凝芸術名作展(上野の森美術館にて)

今回は、所用で上野まで行ったついでに、
気になっていた『何香凝芸術名作展』を観てきました。

何香凝(かこうぎょう)(1878-1972)は、中国近現代の政治活動家、芸術家として活動した偉大な女性であり、1997年には、中国で初めて個人名を冠した国家級(国立)の美術館として「何香凝美術館」が設立されるなど、本国ではその名を知られています。

 本展では、1903年に夫、廖仲愷(りょうちゅうがい)とともに勉学のために来日し、1909年から1911年まで私立女子美術学校(女子美術大学の前身)で絵画を学んだ何香凝の代表作品を中心に紹介します。何香凝が日本で制作した「獅」「虎」などに代表される初期の貴重な作品をはじめ、中国画の伝統的な画題である四君子を表す(梅、竹、蘭、菊)などの絵画40点と、資料写真12点を、3章に分けて展示します。(上野の森美術館HPより抜粋)


DSC_1061-1.jpg

生憎の雨模様でしたが、私にとっては初めての上野の森美術館になります。
IMG_3452-1.jpg

撮影OK(フラッシュは禁止)とのことで、殆どの作品を撮影しましたが、
私が気に入った作品を厳選してご紹介しますね。

作品その1 『雪・月・松』 1920年代 147×39センチ 紙本墨画
モノクロなんですが、圧倒されました。
DSC_1062-1.jpg

作品その2 『獅』 1914年 63×49センチ 絹本着色
新聞でこの作品展の紹介記事を見た時に、本物を観たい!と思わせてくれた作品。
他の作品に比べると小さめの作品でしたが、ライオン(獅)の表情に釘付けになりました。
IMG_3369-1.jpg

賢そうな表情。
IMG_3391-1.jpg

IMG_3375-1.jpg

作品その3 『松・菊』 1931年法京にて作画 172×273センチ 紙本着色
展示されていた作品の中で圧倒的に一番大きな作品。絵というより風景の一部のような感じ。
IMG_3381-1.jpg

作品その4 『虎』 1934年 147×61センチ 紙本着色
見た瞬間、中島敦の短編小説「山月記」が脳裏に浮かびました。
IMG_3383-1.jpg

怖いはずの虎なのにどこか優しそうな表情。
IMG_3384-1.jpg

IMG_3393-1.jpg

1951年 毛沢東と会談する何香凝。
IMG_3394-1.jpg

作品その5 『青山松瀑』 1938年 177×47センチ 紙本着色
IMG_3401-1.jpg

IMG_3402-1.jpg

IMG_3405-1.jpg

作品その6 『梅・石・牡丹』 1940年代 146×45センチ 紙本着色
滝や松の作品が多いな・・・と思ったところで、花の作品が。
素人目にも、余白とのバランスがすごく良い作品だと感じました。
IMG_3406-1.jpg

IMG_3407-1.jpg

作品その7 『山林霧靄』 1951年 177×95センチ 紙本着色 何香凝ほかの合作
IMG_3421-1.jpg

IMG_3422-1.jpg

IMG_3427-1.jpg

作品その8 『氷雪暖于棉』 1951年 130×66センチ 紙本着色
IMG_3439-1.jpg

IMG_3440-1.jpg

作品その9 『高松立海隅』 1960年 135×140センチ 紙本着色
作品展の一番最後に飾られていた作品。松と梅が海の波に打たれている厳しい場面に、
ふと目に入る花の可愛らしくも力強い存在感。
IMG_3445-1.jpg

IMG_3446-1.jpg

IMG_3449-1.jpg

この作品展が無料で観られたなんて、とてもラッキーでした。
平日だったせいか、ゆったりのんびり観れました。後から気付いたのですが、
撮った写真がフラッシュ禁止とはいえ、黄ばんだ感じに撮れていたのが残念。
カメラの設定をいじれば良かったのでしょうが、そういう知識がなく。
そろそろカメラの扱いを勉強した方が良さそうです(^_^;)

それから気になったことがもう1つ。
作品の解説なんですが、「紙本着色」のところがところどころ「紙本色」となっていました。
巡回展ですので、次の場所、女子美術大学美術館(9月19日(火)〜9月29日(金))でも
そのまま使用されるのかな?とちょっと気になりました。

おまけの写真↓
IMG_3456-1.jpg

IMG_3457-1.jpg

IMG_3459-1.jpg



上野、まだまだ散策の余地がありますね^^

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



筆ペンからはじめる水墨画プチすいぼく―やさしい水墨画入門水墨画年賀状 犬を描く: 描き順や筆づかいをやさしく解説 (水墨画塾)おしゃれに描ける 水墨画4本セット 水墨画 極細勾線筆 人物花鳥 線描 毛筆


関連記事

最終更新日 : 2017-11-29

Comment







管理者にだけ表示を許可